全くリッチな気分になれない脱毛サロン

その脱毛サロンは、その時間のひと時を贅沢に過ごせる、といううたい文句を売りにしていたサロンでした。
しかも痛くないとの事だったので顔からVIOまでの全身脱毛で通うことにしました。

受けてみると確かに痛みはほとんどありません。たまにデリケートなVIOがピリッと熱くなるくらいでそこは満足できました。でも肝心のセレブ気分という点は全く違いました。

まず脱毛をする際に美容液成分がたっぷり配合されたゼリーを肌にのせて照射するので、脱毛後も肌がスベスベで美肌になるとの話だったのですが、そのゼリーも体の部分によって使い分けてくれればいいのに、少量のゼリーを体全体に使い回しているのが嫌でした。

たとえば、一番嫌だったのがVIOに使ったゼリーを顔に使われたことです。手順としては、照射前にゼリーをのせて照射し、照射が終わったらゼリーを取るという順番です。そこではその取ったゼリーをバケツに入れ、他の部分を照射するときに使用後のゼリーを使っていました。

しかも、VIOの陰部に使ったゼリーまで使い回していました。
私はどこが贅沢なセレブ気分で脱毛できるだよ、と文句を言いたい気持ちになりました。

また、スタッフさんの対応もすごく淡々としているような印象を受けました。
他のお客さんもいて私は特に全身脱毛だったし、忙しくて早くさばきたかったのか、2人がかりですっ裸にされ、1人は胸、1人は脚。のようにバラバラで脱毛されまさにまな板の鯉状態でした。

おかげで施術時間は短く全身で1時間半くらいで終わりますが、淡々と会話もほとんどなく終わり、全くリラックスもできない感じでした。

また隣の部屋の壁が薄いのか、となりがスタッフルームだったのですが、スタッフの私語が丸聞こえだったし、コソコソとうわさ話をしている声も聞こえたりしてかなり不快でした。

ただ脱毛の効果は感じられていたのでそこは安心でしたが、最初のうたい文句とのあまりの違いにショックを受けた出来事でした。

1度の施術でのレーザーの照射回数があまりに違う件

以前、脱毛サロンで全身脱毛コースという名の下に、全身から3か所選択(両脇、両腕、両膝下)の永久脱毛をした時のことです。割引クーポンを使っての脱毛でしたし、ある意味セール商品のようなお得なコースを選択していたので、サロン側にとってはそれほどおいしいお客さんではないことは確かだったと思いますが、施術を担当するスタッフさんによって、レーザーの照射回数がこんなにも違うとは思いませんでした。

今思えば、サロンのスタッフさんの雇用条件や労働環境がいいものだとは思いませんし、その日の体調や私生活などの影響等もあったのかもしれませんし、他の日に施術してもらったら違っていたかもしれないとは思います。ただ、たまたまその日のそのスタッフさんは、施術当初から、何となく不機嫌そうな表情及び雰囲気で、レーザ照射前の除毛やジェルの塗布からして、はっきり言ってしまえば雑でした。

その後、レーザーの照射が始まったわけですが、それまで経験した他のスタッフさんだと、レーザーを照射しない隙間ができないように丁寧にレーザーを当ててくださっていたような気がしていましたが、その時は、除毛した部分だけを重点的にレーザーを当てているかのようで、それは良いのですが、他の部分はどうしたと思うくらいに、明らかにレーザーの照射回数が違っていました。

施術が終わると、早急にお帰りくださいとでもいうように、さっさとカーテンで区切られた施術スペースから退散されてしまいちょっと唖然としてしまった記憶があります。ただ、その後またそのスタッフさんにあたることもありませんでしたし、他のスタッフさんでそのような目にあうこともなかったので、すっかり忘れていましたが、確かにスタッフさんによって施術の差があるという脱毛サロンあるあるだったなということを思い出しました。