3つほどサロンに行った私の思う脱毛店員さんの接客あるある。

1、肌のきれいさを褒めて、脱毛とは別の商品を勧誘してくる。

脱毛処理後の肌は、敏感になっていてダメージを受けやすいそうです。そこで脱毛サロンが売ってくるのがアフタージェル・アフタークリームの類です。

しかし、ただこのような商品があると言ってもそこそこの値段もするしきっと買う方はあまりいないのでしょう。施術がはじまるなりに「肌が綺麗・透明感がある・きめが細かい」などと褒めてきました。

そして施術最後に「○○様のこのきれいな肌を保つためにも」という名目で勧めてきます。マニュアルで決まっているのでしょうか。かなりのスタッフさんに同じような接客をされました。

このような接客をしてもいいとは思いますが、私のように「別に肌がきれいでもなく、色白でもなく、どちらかというと肌が汚い」ような人にはすぐにお世辞・勧誘とバレてしまいますよと言ってあげたかったです。

2、隣の人の個人情報がつつぬけ。だから私は話したくない。

サロンによっては入会時のカルテで「接客中の接し方」について聞いてくれるお店がありました。私は脱毛に限らず、美容院などでも静かに雑誌を読みたい派です。施術中もできればあまり話をせずに静かに目をつむっていたいのです。

基本的にあまり話さない私がいつも「よかった。話さない雰囲気だしておいて」と思うのが、隣の部屋の声がまる聞こえの時です。よくある当たり障りない会話ならまだしも、恋愛相談や、バイトの愚痴など、デリケートゾーンの処理の話などこれってみんなに聞かれてるけど大丈夫なのかな?と思う内容のこともしばしば。

脱毛サロンの天井がつつぬけになっているのには何か理由があるのでしょうか?特に脱毛の施術関連で少しデリケートな内容(形や、毛の量のこと・オーラインの毛の話など)も筒抜けになってしまっているのはどうなのかなと思いました。