施術者さんに励まして貰って痛みに耐える脱毛あるある

私は短大時代にコンパニオンのアルバイトをしていて、ついにレースクイーンのオーディションに合格しました。レースクイーンといえばハイレグのコスチュームです。ビキニラインをしっかり脱毛しなければいけません。レースクイーンの先輩に紹介して貰ったサロンで脱毛することにしましたが痛みが心配でした。ワキ・腕・脚の脱毛は既に経験済みでしたが、ビキニラインは痛いのではと不安に思いました。

痛みの不安をカウンセリングの方に話すと、「確かに他の部位より傷みを感じるかもしれません。腕や脚は露出することも多いですけれど、V・I・Oラインは普段は下着に守られていますからね。ちょっとした刺激でも敏感になってしまいますね。でもレースクイーンやモデルの皆さまは、お仕事がかかっていますから頑張って綺麗に脱毛なさいますね。私たちも、お客様の痛みが少なくなるよう努力します。痛い時はいつでもおっしゃって下さい。機器のパワーを弱めて様子を見たり、お冷やししたりしますから。一緒に頑張りましょう」と励ましてくれました。

レースクイーンの先輩たちに聞くと、痛かった・そうでもなかったと個人差があるようです。私の場合は思っていたより痛いと感じたのですが、カウンセリングの時に聞いていたとおり、施術者さんが気を遣って励ましてくれたのです。ですので無事最後まで脱毛完了出来ました。

施術者の方が「最初は弱めで様子みましょう」と言っていたのに途中で自分から「もっと強くて大丈夫です」と言ったほどです。強くすると少し痛みが増しましたが、だんだん慣れてきたし大丈夫でした。

施術者さんが「痛かったらおっしゃって下さいね〜。ハイもう少しですよ。片側終わりました。お冷やしします。もうあと半分だけですよ。もうちょっとです。綺麗になりますから頑張りましょう。脱毛終わるとハイレグバッチリですよ」と励ましてくれました。お喋りすることで気も紛れました。痛みも我慢出来ました。
施術者さんに励まして貰って、痛みに耐える脱毛あるあるでした。

脱毛サロンでは照射漏れに注意!

私は昨年まで脱毛サロンにて全身脱毛12回コースを行っていました。
特に足のムダ毛がとても濃く、サロンに通って施術を受けるうちに段々と薄くなっていくムダ毛を見るのがとても嬉しかったです。

12回コースも終わりに近づいてきた頃、足の状態を見てみると、ふくらはぎのサイドや膝周りなどにまばらに毛が残っていることに気が付きました。
いわゆる脱毛サロンでよくある「照射漏れ」というやつです。
肌の一部分に光があたっていなくて脱毛しきれていない状態になってしまうことです。

やはり光の照射は人の手で行いますので、どうしても部分的に光があてにくく照射漏れが起きてしまうことがあるようで、私の場合もまさにその状態でした。
膝小僧などゴツゴツした関節の周りなどは特に照射漏れが起きやすくなってしまうようですね。

折角高額なお金を支払っていますので、勇気を出してスタッフさんに相談してみたところ、スタッフさんは丁寧に謝罪をしてくださり、追加料金なしでちゃんと照射漏れの部分にも再度施術を行って下さいました。

ですが結局、再度施術をしてもらった照射漏れの箇所は、脱毛が終わった今でもまだまばらに毛が生えている状態です。
他の箇所がツルツルなのに、一部分だけ毛が残っている状態なのでちょっとみっともないです。

気にはなりますが、スタッフさんも謝罪して下さったし、何度か照射漏れの箇所に再施術もして下さったので、これ以上強く言えないと気が引けてしまったところもあります。

不愉快に思った訳ではないのですが、やはり人の手で行うことなので、こちらもされるがままではなく、きちんとこまめに経過を見守って照射漏れがあれば早めに相談すべきだったと反省しています。

これから脱毛に通われる方には、照射漏れというものが少なからず起きる可能性があることを頭に入れておいてもらえればなぁと思っています。

勧誘なしの脱毛サロンなんてあるの?いちいち断るストレスが半端ない

体験コースを含めて3店舗くらいの脱毛サロンに行きましたが、スタッフもやはり人間ですから、くだらないお喋りが多いと感じました。

施術中は必要以外のことを話さないように徹底している所もありますが、大手脱毛サロンになるほど意味のない会話が多いように思います。

例えば「お肌がキレイですね」と言いながら、次の回では「お肌のケアしてますか?良かったら美容液が・・」などの勧誘をするのです。

1週間くらいしか期間が経っていないのに、いきなり肌荒れ扱いされるのは、最初から肌がキレイなんて思っていないからでしょう。

ネットの口コミでは勧誘なしと大々的に書いてありますが、私が行った店舗では、最低でも何か1つはお勧め商品を買わないかと勧誘してきました。
要らないと答えても、スタッフが変わればまた同じことを言ってくるし、何度か続いた時に面倒に感じたので、カウンセリングの時点で「私は何も商品を買いません」と念を押すようになりました。

そうすると、腫れものに触るような感じで、スタッフ同士が目配せをしているのが分かり、当たり前の主張をしただけなのに悪者になった気分でした。

それから、脱毛サロンも競争率が激しく、経営が難しいのは分かりますが、部分脱毛をした後に、回数多めで割安になる全身脱毛を勧めるところが多すぎます。
体験コース後ほどではありませんが、公式サイトで「数箇所だけで○○円!」などと売り込みをしても、最終的には全身コースを勧めるのが主流のようですね。

それが分かっているので、体験コースや部分脱毛が終わる前に、スタッフと世間話をしている時に「私は全身脱毛はしません」という旨を伝えるようにしています。

直後から対応が雑になった店舗が1件だけあり、儲け主義な感じがしてイライラしましたが、それも口コミでよく載っている情報なので仕方ないと諦めています。

どこの脱毛サロンも一長一短で、あまり大差がないと思いますが、どこか勧誘をしないサロンで、ストレスフリーな施術を受けてみたいと感じています。

サロンのお姉さんの脱毛話しにつられて、自分も脱毛したくなってしまう脱毛あるある


脱毛サロンのお姉さんの、脱毛済みのツルツルのあんなところや、こんなところを見せて貰って「私もやりたい!」と、どんどん脱毛箇所を増やしてしまうという脱毛あるあるある。

初めて私が脱毛サロンへ行った時は、両ワキのみの脱毛予定でした。どちらかと言えば毛は薄い方でしたから、ムダ毛にすごく悩まされたことはなかったんです。でもワキの脱毛に関しては、友人の間ではもはや常識と言うくらいみんなしていました。ですから私もワキの脱毛だけはしておこうと思って、軽い気持ちで脱毛サロンへ通い始めたんです。

そして施術をしながら何となく見たサロンのお姉さんを見たら、腕も指も綺麗でツルツルだったんです。そのことをお姉さんに言うと、「全部脱毛したんですよ。ご覧になります?」と言って脚も見せてくれました。ムダ毛が全くなくて、本当に綺麗です。

「お客様は、毛が薄くて羨ましいです。私は毛深いのが悩みだったんです。手の甲に手の指、足の指も毛があって小学生の高学年からカミソリで剃ってたんです。もちろん、顔の口ひげとあごひげも剃っていました。でもプツプツが残るんですよね。ずっとコンプレックスを持っている私のために、高校生の時に母がサロンへ連れていってくれて脱毛したんです。もう本当に悩みから解放されたんです」と嬉しそうに語ってくれました。

お姉さんの手脚や顔は、毛深かったなんて信じられないほど綺麗です。触らせて貰ったらスベスベでした。お姉さんのその綺麗な手脚を見ていたら、さほど毛深くないとはいえ自分のムダ毛が気になってきてしまったんです。思わず「私もやりたいです。手脚の脱毛はおいくらですか?」と聞いていました。

お姉さんはさらに言いました。「それでね、まだ私の脱毛は続きがあるんです。高校を卒業して就職してお金を貯めたら、VIOラインの脱毛をしようと決めてたんです。アンダーヘアにも悩んでいることは母には言えませんでしたから。それで自分の貯金でVIOも満足いくように脱毛したんです。本当にすっきりしました。これはお見せ出来なくて残念ですう」と言って微笑みました。私はVIOラインの脱毛にも興味しんしんになって、お姉さんを質問攻めにしてしまいました。

サロンのお姉さんの脱毛話しにつられて、自分も脱毛したくなってしまうという脱毛あるあるでした。